忍者ブログ

mountain addiction

登山・トレイル・ウルトラマラソンその他色々

菜食開始

少し前から、採食(ベジタリアン)開始。

菜食主義のトレイルランナー「スコット・ジュレク」のこともあり
ベジタリアンへ。
あと、最近の研究では、腸内環境が精神状態などへも影響するとか。
例えば「うつ病」とかも腸内環境の改善で、良くなるという事も聞くし。

肉を食べた後はトレーニングの時に身体が重いような気がする。
自分の直観だけど、肉が何か悪いような気がするというのは前々から感じていた。

そういう事もあって、ふとベジタリアンになろうと思い立った。
 
考えてみれば、人間に育てられた牛や豚は飼い主を慕うような感情を持っている。
見慣れた人に対して、親愛の表現をすることだってある。
そんな、牛や豚を殺して食べるなんてことは、殺される方は裏切られたという
感情や悲しみで一杯だろうと思う。
そういうこともあり、肉類は一切やめた。
ベジタリアンとは言え、私の場合はハチミツを食べるので完全なヴィーガンではない。
 
それと、大豆製品も摂るのをやめた。
フィチン酸などが身体に悪影響があるとのこと。
これも自分の感覚だけど、たまに食べる麻婆豆腐。食べた後やる気がなくなる。
ただ、ネットで言われている貧血だとかにはならない。
ネットで言われているように、鉄・亜鉛・マグネシウム等々の金属の体への吸収阻害
作用はどうなんだろう?と疑問がある。
金属吸収阻害があるなら、走ったりしてたら一発で貧血症状が出そうなんだけど
そんな貧血になったことがない。
唯一あるとすれば、やる気が失せるという症状。これも感情的な部分が大きいから
本当に未発酵の大豆が問題なのかは分からない。
ただ、危険性があるということで、当分の間は未発酵大豆は食べないことにした。
 
さらにナス科の食べ物もや~めた。

ナス科のトマトなんかは身体の炎症を起こしやすいとのこと。
冬場になってトマトを食べる量が減ると、膝の痛みがない。
どちらかというと、夏場に膝の痛みが発症することが多い。
もしかして、トマト???
そんなこともあって、トマトは食べないことにした。

最近決めたこと
 
1.菜食主義になる

2.未発酵の大豆製品は食べない

3.ナス科の植物は食べない

もちろん、スナックやお菓子類も食べない。
当然、ケーキ類も食べない。

あと、重曹やビタミンCは、最近の色々な危険物質から守ってくれそうなので
毎日服用。
クエン酸も毎日服用。

まさに、精進料理だ
さて、いつまで続くか・・・?
にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村

拍手[0回]

PR

コメント

最新コメント

[11/22 Gやん]
[11/09 Gやん]
[10/17 Gやん]
[10/15 NONAME]
[10/09 ミッチーです]

プロフィール

HN:
gajin(ガジン)
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
エロいこと
自己紹介:
山が大好きで10代のころから数十年にわたり北アルプスや南アルプスなど全国の山の無積雪期・積雪期、岩・縦走・氷などをやってきた。

ある日、山仲間から山以外に何も趣味がないってどうなんだろうね?。他にも何か始めない?と誘われたのがきっかけでウルトラマラソン・トレイルに出たところドップリとハマりました。昔トレイルに参加したときは興味がわかなかったのですが、年をとってから参加したら意外と楽しいことに気づきました。

スコット・ジュレクの本を読み、2016年からは菜食(ベジタリアン)に。本当に持久力がUPするのか人体実験を実施。現在も継続中。

チルリン(静岡県島田市)元気にしてますか?
-----------------------------------------------------
登リニモマケズ

登りにも負けず
ロング走にも負けず

雪にも夏の暑さにも負けぬ
丈夫な脚を持ち

怠け心はなく

決して止まらず
いつも静かに走っている

一日に3合の米と
野菜とナッツを食べ

あらゆる大会やトレーニングで
全力を出し切る

よく見聞きし
テストステロンを高めたら良いと聞けば
オナ禁して自分で試し

東にトレイルの大会あれば
行って全力を尽くし

西にウルトラマラソンあれば
行って完走し

南に疲れた仲間がいれば
ガンバレと応援し

北にエロビデオがあっても
右手に負けずオナ禁を続ける

DNFの時は涙を流し
疲れて自分に負けそうな時でもオロオロ歩き
完走の時には涙を流す

みんなに走るデクノボーと呼ばれ
褒められもせず

そういうものに
私はなりたい

gajin(ガジン)作

P R