忍者ブログ

mountain addiction

登山・トレイル・ウルトラマラソンその他色々

糖質制限は正しい?(医学論文にて発表される)

有名な医学雑誌であるランセット。
ここで、糖質制限が有効であるという論文が発表された。
ネットでは「炭水化物の摂取増加で死亡リスク上昇」と表現&表記されているサイトが多い。

しかし、ランセットの原文では
「脂肪および炭水化物摂取と心臓血管疾患および死亡率との関連性」とある。
しかも、大規模な疫学的調査が行われたのはヨーロッパや北米地域。
他の地域の集団への適用性においては不明とある。

つまり日本人には上記論文は適さないかもしれない可能性がる。

ヨーロッパや北米地域の人たちにとっては、炭水化物を制限し脂質を多くとると良いという
感じなんだけど、日本人ではどうだろう?

私の祖母は99歳で他界した。
そのお婆ちゃんは、昔から肉は食べなかった。
野菜と、ご飯のみ。
で、99歳。
健康そのもので、最後は老衰で亡くなった。

菜食をしていると、カロリーの約50%から60%が糖質になってしまう。
ピーナッツは100g当たり562kcal(ほとんどが脂質)なので、ピーナッツやクルミなど
高カロリーなナッツ類や豆類を増やしたほうが良いのだろうか?

糖質制限をし、カロリー(脂質)はナッツ類やピーナッツから摂るのがいいのか?
悩む。

一度、ご飯やイモ類その他いろいろ炭水化物を制限し
野菜・ナッツ類・豆類だけにして人体実験をしてみようかと画策中。

追記:
摂取カロリーの内、糖質が60%を大きく超えるとわずかに死亡リスクが上がるとのこと。
じゃ、トレーニングで週末に50~60km走る人にとってはそれほど拘る必要はないかも。
スコット・ジュレクもおにぎりが好きみたいだし。
糖質制限するのはや~めた。

2018年2月18日追記
糖質というか、砂糖やぶどう糖果糖液糖等の入ったものに関しては体に悪いのでは?
ということは感じている。
本番の大会で飲むコーラはそれほど感じないが、日常生活でコーラを飲むと体調不良になる。
体調不良は
・体がだるくなる
・イライラする
・気分が沈む
など、いろいろな症状が出ます。
血糖値スパイクで、インスリンがドバドバ出ると、逆に低血糖になるという
論文も出ているので、そのせいかもしれない。

ただ、お米のご飯を沢山食べたからといって、そのような症状はでない。
ただし冷めたご飯だけど。
温かいご飯だと、でんぷん質がα化された状態で、血糖に影響する。
しかし、冷めたご飯だとでんぷん質がβ化されているので血糖への
影響が少ないらしい。






 

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村

拍手[0回]

PR

コメント

最新コメント

[09/11 Gやん]
[09/05 ガジン]
[09/04 Gやん]
[08/01 Gやん]
[07/25 ミッチーです]

プロフィール

HN:
gajin(ガジン)
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
エロいこと
自己紹介:
山が大好きで10代のころから数十年にわたり北アルプスや南アルプスなど全国の山の無積雪期・積雪期、岩・縦走・氷などをやってきた。

ある日、山仲間から山以外に何も趣味がないってどうなんだろうね?。他にも何か始めない?と誘われたのがきっかけでウルトラマラソン・トレイルに出たところドップリとハマりました。昔トレイルに参加したときは興味がわかなかったのですが、年をとってから参加したら意外と楽しいことに気づきました。

スコット・ジュレクの本を読み、2016年からは菜食(ベジタリアン)に。本当に持久力がUPするのか人体実験を実施。現在も継続中。

チルリン(静岡県島田市)元気にしてますか?
-----------------------------------------------------
登リニモマケズ

登りにも負けず
ロング走にも負けず

雪にも夏の暑さにも負けぬ
丈夫な脚を持ち

怠け心はなく

決して止まらず
いつも静かに走っている

一日に3合の米と
野菜とナッツを食べ

あらゆる大会やトレーニングで
全力を出し切る

よく見聞きし
テストステロンを高めたら良いと聞けば
オナ禁して自分で試し

東にトレイルの大会あれば
行って全力を尽くし

西にウルトラマラソンあれば
行って完走し

南に疲れた仲間がいれば
ガンバレと応援し

北にエロビデオがあっても
右手に負けずオナ禁を続ける

DNFの時は涙を流し
疲れて自分に負けそうな時でもオロオロ歩き
完走の時には涙を流す

みんなに走るデクノボーと呼ばれ
褒められもせず

そういうものに
私はなりたい

gajin(ガジン)作

P R