忍者ブログ

mountain addiction

登山・トレイル・ウルトラマラソンその他色々

8月のトレーニング

8月は通勤ランと週末のポイント練習で結構走ったつもりだったが
出張など重なったため意外と少なかった。
といいつつ、今日も出張で今は新幹線の中。

8月の走行距離

合計300.84km(累積標高差 9,416m)
 
ん~いまいち。
距離ではなく、どれくらいの負荷をかけたかが重要なんだけど
って言っても、累積標高差10,000mいってないし・・・
真夏の8月、しかも今年のように暑いときに走ったのだから良しとしよう。
     
阿蘇ラウンドトレイル直前の時と比べて、いつものコースタイムが
若干短くなったので、持久力も少しはアップしているのではないかと思う。

あと汗もかなり良くなってきている
ふつう汗って結構しょっぱいけど、常に暑い炎天下を走って汗だくだったので
今では汗に含まれる塩分が薄くなり、ほぼ水のような感じ。
口の中に入った汗の塩分濃度が今までよりはるかに薄くなっているのを感じる。
   
9月最初の土日のトレーニング、まだまだ暑いけどこれくらいの暑さは
何ともなくなった。

土曜日の距離は20.70km(累積標高差+1,057m)

日曜日の距離は26.74km(累積標高差+1,375m)
  
たまにネットで、朝のランニングは脂肪を使って走るので効果絶大!
朝早く10km~15km走ることで、一日のスタートがスムーズに。
脳がシャキッと目覚めるので一日が充実したものになるんです。
とか書かれてます、、、確かに、朝走るのは体脂肪を使うTCAサイクルを
回すには良いけどね。

ただそんな風に感じることができるのは、よほど走り込んだ人じゃない?
月間500kmとか600kmの人だったら朝15kmくらい走っても
何の問題もなく仕事が出来るんでしょう。

僕みたいに多い月でも300kmとかのへなちょこレベルでは
朝15kmも走ったら、仕事なんてできません( ー`дー´)キリッ
 
たかだか片道8kmですが、晴れた暑い日に通勤ランを続けるのは
『かなり』の精神力が必要だった。

気分が前向きな時はいいんだけど、ちょっと後ろ向きな考えが出てくると
朝「ん~走るべきか、走らざるべきか?」なんて悩んでました。
 
ある朝なんて、運を天に任せて、あみだくじで「走るか・車で行くか」を決めたことも
ありました。
あみだくじの結果は、だいたいいつも何故か「走る」を引いてしまう。
1回だけあみだくじで「車で行く」を引いたことがありましたが。

それと、いったん会社に行ったは良いが、今度は帰るのが超めんどくさい。
夕方なんて昼間の熱がこもってるしで、朝よりも暑いから。
 
KOUMIで完走できる確率は 30%~40%くらいにはなったかな。
大会まで、あと34日。
 
9月は更に頑張ろう。
でなきゃ、完走は夢の夢。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村

拍手[0回]

PR

コメント

最新コメント

[09/11 Gやん]
[09/05 ガジン]
[09/04 Gやん]
[08/01 Gやん]
[07/25 ミッチーです]

プロフィール

HN:
gajin(ガジン)
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
エロいこと
自己紹介:
山が大好きで10代のころから数十年にわたり北アルプスや南アルプスなど全国の山の無積雪期・積雪期、岩・縦走・氷などをやってきた。

ある日、山仲間から山以外に何も趣味がないってどうなんだろうね?。他にも何か始めない?と誘われたのがきっかけでウルトラマラソン・トレイルに出たところドップリとハマりました。昔トレイルに参加したときは興味がわかなかったのですが、年をとってから参加したら意外と楽しいことに気づきました。

スコット・ジュレクの本を読み、2016年からは菜食(ベジタリアン)に。本当に持久力がUPするのか人体実験を実施。現在も継続中。

チルリン(静岡県島田市)元気にしてますか?
-----------------------------------------------------
登リニモマケズ

登りにも負けず
ロング走にも負けず

雪にも夏の暑さにも負けぬ
丈夫な脚を持ち

怠け心はなく

決して止まらず
いつも静かに走っている

一日に3合の米と
野菜とナッツを食べ

あらゆる大会やトレーニングで
全力を出し切る

よく見聞きし
テストステロンを高めたら良いと聞けば
オナ禁して自分で試し

東にトレイルの大会あれば
行って全力を尽くし

西にウルトラマラソンあれば
行って完走し

南に疲れた仲間がいれば
ガンバレと応援し

北にエロビデオがあっても
右手に負けずオナ禁を続ける

DNFの時は涙を流し
疲れて自分に負けそうな時でもオロオロ歩き
完走の時には涙を流す

みんなに走るデクノボーと呼ばれ
褒められもせず

そういうものに
私はなりたい

gajin(ガジン)作

P R