忍者ブログ

mountain addiction

登山・トレイル・ウルトラマラソンその他色々

100㎞ウルトラマラソンを走りぬくために

8月11日に知り合いと会った時の話し。
トレーニングのことも話したが、100㎞ウルトラマラソンのこともいろいろと聞かれた。

知り合いはフルマラソンやトレイルは出るけど、70㎞以上のマラソンやトレイルには
出たことがない。

100㎞ウルトラマラソンや70㎞以上のトレイルを走りきるポイントやトレーニングって何?
と聞かれた。
回答だけど、こんなんで合ってるかな?


・トレーニングの時には厚底の靴を履かない
  トレーニングの時から足を守っていては、本番では足底腱膜炎で歩けないほど痛くなる。
  あと厚底の靴を履かなきゃ、膝を痛めるなんてのはたぶん嘘。
  あんなクッション程度が数百kgの衝撃を吸収できるはずがない。
  物理的に考えておかしい。
  例えるなら、靴底のクッションは車でいうトレッド面程度。
  足首がタイヤのサイドウォール(内圧によるクッション)
  サスペンションが膝や腰。
  
  裸足で砂利のようなところを歩いてみるといい。
  膝を使うのは当然だけど、腰をグニャグニャと動かして足裏の衝撃(痛み)を回避
  しようとする。
  衝撃は、足首・膝・腰など全身で吸収するようにしないと、体がもたない。

  裸足で走った時の走り方が最も膝に衝撃を与えない方法だと考えている(たぶん)。


・トレーニングで5本指ソックスは使わない
  トレーニングの時に5本指を履いていたら、足の皮自体が強くならないから。
  普段のトレーニングは軍足(丈夫なやつ)を使っている。


・トレーニングではアイソトニック飲料とかを使わない
  アイソトニック飲料やハイポトニック飲料を使うのは一度に30~50㎞を走るとき。
  短い距離でそんなもの飲んでたら糖分の取りすぎだし、TCAサイクルをうまく働かせる
  ことができない(と思う)。
  僕の場合、30~40㎞を走るときでも水だけ。シャリバテなど万一に備えて
  非常食は持って走るけど、まず食べない。
  
  推奨するのが、朝食抜きで朝から30㎞以上のランニング。
  なれるまで日数を要するけど、慣れてくると朝食抜きのランニング後は非常に体調が
  良くなる。
  身体の体調も良くなるが、頭の中が凄くクリアになる。


・走った距離は嘘をつく
  「走った距離は嘘をつかない」というのは、しっかりしたトレーニング計画が
  あり、ケアマネジャーなどがいる場合。一般人がまねをするとケガをする可能性大。
  距離を踏む場合には、フォームに気を付けて膝の故障に敏感になる必要がある。
  走る前の静的ストレッチは不要、走った後の静的ストレッチなどが大切だと思う。
  ↑ストレッチには色々と考え方があるようだけど。
  良くサイトで、100㎞マラソンを完走するにはXヶ月前にXXXをして月にXXX㎞
  走らないといけないとかあるけど、人によって計画の立て方は違うしトレーニング
  の方法は違う。

  距離が短くてもしっかりとしたフォームで確実な負荷を与えることが重要では?
  

・走りたいときに走り、走りたくないときは走らない
  気分が乗った時にはしっかりと負荷をかける。
  走り出しても気分が乗らない時はやめる。
  趣味なんだから、気楽に行かなきゃ。

あと、知り合いには菜食が良いかもしれないと言っておいた。
現段階では、自分への人体実験中なので、絶対とは言い切れないし
人によって合う合わないがあるだろうから。


にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村

拍手[0回]

PR

コメント

最新コメント

[05/24 ガジン]
[05/20 Gやん]
[05/20 ミッチーです]
[05/14 Gやん]
[05/12 ミッチーです]

プロフィール

HN:
gajin(ガジン)
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
エロいこと
自己紹介:
山が大好きで10代のころから数十年にわたり北アルプスや南アルプスなど全国の山の無積雪期・積雪期、岩・縦走・氷などをやってきた。

ある日、山仲間から山以外に何も趣味がないってどうなんだろうね?。他にも何か始めない?と誘われたのがきっかけでウルトラマラソン・トレイルに出たところドップリとハマりました。昔トレイルに参加したときは興味がわかなかったのですが、年をとってから参加したら意外と楽しいことに気づきました。

スコット・ジュレクの本を読み、2016年からは菜食(ベジタリアン)に。本当に持久力がUPするのか人体実験を実施。現在も継続中。

チルリン(静岡県島田市)元気にしてますか?
-----------------------------------------------------
登リニモマケズ

登りにも負けず
ロング走にも負けず

雪にも夏の暑さにも負けぬ
丈夫な脚を持ち

怠け心はなく

決して止まらず
いつも静かに走っている

一日に3合の米と
野菜とナッツを食べ

あらゆる大会やトレーニングで
全力を出し切る

よく見聞きし
テストステロンを高めたら良いと聞けば
オナ禁して自分で試し

東にトレイルの大会あれば
行って全力を尽くし

西にウルトラマラソンあれば
行って完走し

南に疲れた仲間がいれば
ガンバレと応援し

北にエロビデオがあっても
右手に負けずオナ禁を続ける

DNFの時は涙を流し
疲れて自分に負けそうな時でもオロオロ歩き
完走の時は涙を流す

みんなに走るデクノボーと呼ばれ
褒められもせず

そういうものに
私はなりたい

gajin(ガジン)作

P R